チラコイドで食欲を抑える!?秘密に迫る

どうしてダイエット効果が得られるのか?

ぽっちゃりした体型をなんとかしたいとダイエットに励む人は多いです。しかしながら、無理なダイエットや辛い運動、食事制限などによって、失敗したり、リバウンドしたりと、ダイエットになかなか成功しないという人も多いのが実情です。

そんな中、最近話題となっているのがチラコイドで、これは青葉の葉緑体の中に存在する袋状の区画のことです。光合成の光化学反応が起こる場所なのですが、スウェーデンの教授がほうれん草から抽出したチラコイドに、食欲を抑える効果があることを発見しました。

この食欲抑制作用により、ダイエット中の食事制限によるストレスの緩和や、食べ過ぎの防止に役立つといわれているのです。また、食前に摂取することで、食事に含まれる脂質を包み込む作用を持ちます。

胃の中で脂質の消化を阻害することができるのです。胃で消化されなかった脂質は腸で分解されるのですが、脂質が包み込まれていることで消化や吸収に時間がかかります。

それにより、満腹感に繋がるホルモンの分泌量が増えるので、通常より満腹感が長く続き、食べたい気持ちを抑える効果が得られるのです。

これらが、ダイエット効果が得られる理由となっています。

 

摂取する方法はサプリメントのみ

チラコイドは、ほうれん草などの葉緑体に含まれるのですが、ほうれん草などの青葉をたくさん食べても摂取することができません。

人の体は、植物に含まれるそれらの分解や吸収ができないため、ほうれん草などの青葉をそのまま食べても、ダイエット効果は得られません。

では、どのように摂取すればよいのかというと、サプリメントになります。現在、日本では特許製法をもつGLM社の許可を得て、2017年6月現在で、2社が輸入販売権を持っています。

そのうちの1社がドリンクタイプのサプリメントとして販売しています。いつもの食事をそのドリンクに置き換えることによってカロリーや食べたい気持ちを抑えてくれます。

食物酵素や食物繊維、ミネラルなどの体に必要な栄養素も豊富に含むことから、無理のないダイエットを行うことができます。食べることが我慢できない人も、満腹、満足感が得荒れるので、自然に食事を節制することができます。

食欲抑制効果は約6時間程度といわれているので、空腹感が気になる時間帯に合わせたり、食事の前に摂取することで食べ過ぎを防ぐことができます。長期的に摂取することで効果が期待できるものなので、毎日継続して摂取することがおすすめです。

参考サイト⇒https://xn--eck3ab7c0b9hrc5623b.biz